MacでFOMA用自作着信音

まず私の作業環境について。同じ環境の人には参考になると思います。
・MacBook (Mac OS X 10.6.4)
・docomo SH-07B(2010年夏モデル)
・使用ソフト:FinalCut Express4、QuickTime X、Chakumoto X 1.0

では具体的に着うたの作り方について説明しましょう。
ソフトさえあれば意外と簡単ですよ^^

用意するもの
・音楽編集ソフト(動画編集ソフトでおk)
 QuickTime X、iMovie、FinalCut Expressなど
・モバイル用フォーマットに書き出すソフト
 QuickTime
・バイナリデータ変換ソフト
 Chakumoto X 1.0(Mac用着もと) こちらからDLできます→


■好きな曲の好きな部分を切り取る

[1]FCE編集用にフォーマット変換する
iTunesに入ってる曲の中から好きな曲を選びます。
選んだら音楽編集ソフトで編集できるフォーマットに変更しましょう。
私はFCEを使うのでAIFFフォーマットに変換します。

まず、iTunesの環境設定の読み込み設定でAIFFを選択しておきます。
それからライブラリに戻って好きな曲を選んだ後、
[メニュー]-[詳細]-[AIFFバージョンを作成]を選択します。

G01


[2]FinalCut Express4で好きな長さに編集
FCEを起動して先ほどAIFFに変換した音楽ファイルを読み込みます。
カミソリツールなどで好きな部分を好きな長さに編集したら、
最後の部分がフェードアウトするように音量調整しておくといいと思います。
ビューアウィンドウでサウンド調整してもいいし、
クリップのオーバーレイボタンを押せばタイムライン上で直接調整もできます。

G04


■モバイル用フォーマットで書き出す

[1]QuickTime変換で書き出す
曲を編集できたらいよいよ書き出しです。
QuickTimeが入っていれば簡単にできますよ。

G05


ダイアログが開いたら形式で[3G]を選び、横のオプションボタンをクリック。

G06


[2]ビデオの設定
3G書き出し設定ダイアログが出たら、
ファイルフォーマットを[3GPP(Mobile MP4)]にします。

ビデオの項目でビデオフォーマットを[なし]にします。
(着モーションを作りたい場合は適宜設定してください。)

G07


[3]オーディオの設定
次にオーディオの項目を開いてそれぞれ数値を設定します。

一応目安は以下の様な感じ。

 オーディオフォーマット:AAC-LC(ミュージック)
 データレート:80kbps以上(そうでないと聞くに堪えない)
 チャンネル:ステレオ
 サンプルレート:適当(サラウンド可能にしたい場合44.100kHz)
 エンコードの品質:最高品質
 これで容量が512kbytes以下ならOK

G08


ところが本来着うた用ファイルの大きさは最大500KBまでなのですが、
私の場合どうやっても2MBを超えてしまうんです。
データレートを下げればギリギリなんとかなるのですが、
そうすると今度は音質が最低になってしまう・・・。
ということでとりあえずこのまま保存してしまいます!すると・・・

G09


なぜか書き出されたファイルサイズは200KBちょっとに。なぜ?
まあとりあえず条件は満たしてるのでこれでよしとします^^;

■着うた用フォーマットに変換する

ここまできたらあとはバイナリデータを変換するだけです。
専用のソフトがあればあっという間ですよ^^

まずはDLしたChakumoto X 1.0を開きます。
[ファイル]-[変換]から先ほど編集した音楽ファイルを選択します。

G10


変換ログに「変換しました」とでたらOK!

G11


変換された音楽ファイルは元の位置にあるので、
それをメールに添付して自分の携帯電話に送信します。
あとは携帯電話でメール着信音などに設定するだけです♪

意外と簡単ですよね?
ただ一応、携帯電話に不具合がでる可能性がゼロではないので、
自己責任の上で、あくまでも自分専用でご利用くださいね〜。

ちなみに私が編集してた曲はこれです↓